We use cookies on this site to ensure the best service possible Read more

BeoSystem 4

ホームエンターテイメントを1つに

BeoSystem 4 は、高度なサウンドシステムやホームオートメーションシステムなどを搭載し、ホームシアターシステムをより高いレベルでお楽しみ頂けるビデオエンジンです。
まるで映画館
BEOLINK MULTIROOM の世界へ
BeoSystem 4 は、単にホームシアターのハブとなるだけではありません。Bang & Olufsen の BeoLink Multiroom 機能に対応しています。BeoVision 11 や BeoVision Avant、BeoPlay A9、BeoSound Moment、BeoSound Essence などのアイコニックな製品をプラスして、自由なワイヤレスサウンドをお楽しみください。別々の部屋にある BeoVision Avant と BeoPlay A9 でそれぞれ違う音楽を再生したり、家全体に同じ音楽を流すことができます。どの部屋の音楽も、BeoMusic アプリまたは Bang & Olufsen リモコンから操作できます。
ビジュアルの独自性
BeoSystem 4は、19インチの専用ラックと共に、David Lewis Designer社のトーステン・バリュアー氏によりデザインされました。ウォールブラケットでの設置も対応しています。フロント部分がアルミニウム製で、設置時の見た目もエレガントです。BeoSystem 4 は BeoVision Avant を使ったセットアップに欠かせない製品ですが、他社メーカーのスクリーンやプロジェクターを使ったカスタムセットアップでも活躍します。こうしたシステムに BeoSystem 4 を統合することで、多数のメリットが得られます。
接続性
ブルーレイプレイヤー、Apple TV、プレイステーション、セットトップボックスなど、最大で6つのソースに接続でき、システム全体を簡単に操作することができます。BeoRemote One や Beo4、または iPad や Android のタブレットで BeoRemote App をご利用ください。さらに BeoSystem 4 はSpotify と Deezer に対応しています。(日本は対応していません) 照明、カーテン、セキュリティ管理などのホームオートメーションを含む大規模なシステムの場合は、BeoLink Gateway と BeoLink アプリを使用することで、あらゆる接続機器を操作できます。
新たに進化したサウンドの可能性
Bang & OlufsenはBeoSystem 4に内蔵された新しいビデオエンジンに斬新な構造変更を行い、旧世代のプロセッサーと比べて処理能力を最大で4~5倍以上も向上させました。これにより、プロジェクターやその他のスクリーンソリューションをはじめとするシステムに、BeoSystem 4に内蔵された先進のデジタルサラウンドサウンドを提供できるようになりました。 さらに、単一のソリューション内で、多種多様なBeoLabスピーカーの中から最大12のスピーカーをお選びいただけます。TruelmageTM 技術によって、システムに接続したスピーカーの数に合わせて、受信したソースのアップミキシングおよびダウンミキシングを行います。インテリジェントベースマネジメントや各種サウンドモードのアプリケーションは、ゲーム、映画、ニュースといったそれぞれの視聴状況に合わせて作られています。この様な全ての動作が、精巧に且つ自動的に行われます。

デザイナー
David Lewis Designers
寸法
43.9 × 9.1 × 29 cm /6.5 kg (脚を含む)
デジタルサラウンドサウンドモジュール
標準装備
デジタルサウンドデコーディング
マルチチャンネルPCM Dolby Digital、Dolby Digital Plus 7.1 DTSデジタルサラウンド HE-AAC v1 と v2、LC-AAC、mp3 WMA、WMAロスレス、FLAC アップミックス&ダウンミックス: Bang & Olufsen TrueImageTM
画像の最適化
画像モード
デジタルビデオ接続
HDMI x 5、自由に組み合わせ可
スピーカー出力
RJ45 Power Link x 6、最大12個の BeoLab スピーカー接続可能
ホームシアター操作用接続
外部機能操作用オープンコレクター出力 × 4
外部機器コントローラー
外部機器/端末機器コントローラー内蔵: 6台までコントロール可能