サポート
店舗を検索する
Bang & Olufsen カートは空です

loading...

調和の中で暮らす Johanne + Fredrik

コペンハーゲンに住む、このノルウェー人のカップルにとって、我が家はくつろぎの場です。二人は美に囲まれてくつろげるように、インテリアにこだわった部屋作りをしています。

クリスチャンハウンにあるJohanne AurebekkとFredrik Aartunのアパートには、過剰なものは何一つありません。ここには心を引きつけ、快適性が感じられる基本的な物しかありません。その二つとは、おだやかで優しい物。あわただしい日々の生活にもかかわらず、静寂とバランスがペルソナとスペースの中で輝き出します。彼らは、共にオーディオファンで、地元のノルウェイの音楽学校で初めて出会った後、クリエイティブな業界で働くために引っ越してきました。「オスロにある私たちのコミュニティは、いつも私たちが自分なりの方法でものを作り出すきっかけとなっています。」とジョアンナは言います。「しかし、コペンハーゲンに引っ越してきて初めて、それが完成できました。」 二人は日々デンマークのデザイン会社Framaでの仕事に没頭しています。しかし、2011年以降、情熱を傾けたプロジェクトAure Studioを設立して以来、自由な時間にはそれにかかりきりです。このスタジオからは幅広い製品が生み出されています。

Beoplay A9 with the Google Voice Assistant
Select a colour
  • Black
  • White
  • Anthracite/Dark Oak 4th generation
  • Bronze Tone
  • Brass Tone

Google アシスタント搭載 Beoplay A9

Black

Beoplay A9 Black comes with Black Walnut legs and Black cover and features Google Voice Assistant.

$3,000

loading...

「私たちは基本に立ち返ることに非常にこだわります。余計なものをそぎ落とし、アイテム自体を際立たせたいのです。」

Fredrik

穏やかな隠れ家

ヨハンネとフレドリックにとって、家とは、まず混沌とした日常生活から逃れられる穏やかな隠れ家でなければなりません。昼間 Frama デザインスタジオで仕事をしてから、Aure デザインスタジオで夜遅くまで過ごした後、二人はリラックスの場となるよう設計された空間に帰ってきます。二人のアパートは、床板以外は温かみのあるチャコールグレーで塗られています。フレドリックは、私たちを壁に招き寄せ、触感とマットな仕上がりが気に入って選んだ胡粉塗料について説明してくれました。 近づいて見ると、壁には過去の備品の痕跡が残っています。家の中のオブジェは、多くがシンプルな外観です。ソファは低く、控えめなクッションがいくつか置かれています。その隣には、オオハマガヤをわずかに挿した木製の花瓶が置かれています。部屋の隅には、未加工の大理石の大きな板が壁に立て掛けてあります。そのそれぞれの性格や質感が混然一体となり、二人が我が家に求める雰囲気を体現しています。

ディテールの光るシンプルな暮らし

二人が質感を重視するのは、自然の素材に対する尊敬の念の表れでもあります。シンプルであることは、単調であるのとは大違いです。シンプルさはディテールを際立たせ、そこにはモノの有機的な質感が現れます。リビング用の照明を買いたかったのに見つからなかった、という最近の体験談に続く言葉にも、常に自分たちの空間に最高の存在を求める二人の姿勢が見て取れます。「ぴったりの照明が見つかるまでは、灯りなしで生活します。」

音楽で決まるムード

カリスマ的な司会者のラジオ番組を聞いたり、エルビスのアルバムを改めて聞き直したりする時、音楽のボリュームを上げると、空間を満たす空気が変容します。しかし、それは偶然ではありません。二人が言うように、音楽は家の雰囲気に深みを持たせたり、新たな雰囲気を作り出したりできるからです。二人だけで家にいる時は、彼らのアートに対する姿勢になじみ、友人をもてなしている時は、友人と分かち合う夜にアクセントを添えることができます。「私たち、そして私たちの空間にとって、音楽は大きな存在です。その場に足を踏み入れた人の気分、そしてその場の雰囲気を完全に決めます。」 二人のスペースには、必要なものしかありません。古いレコード-ジョニー・キャッシュか誰か-のように聞こえる音楽が流れる中でゆったりと過ごし、時には食事を作ったりもし、毎日の生活の中で束の間の休憩を楽しむのです。