木の床に置かれ、黒い椅子の隣に佇む BeoVision Eclipseテレビ

Philippe Zdar

光よあれ

  • デザイン

フランス人ミュージシャンで、伝説的なパリのエレクトロ・デュオ Cassius のメンバー、Philippe Cerboneschi が、人生、音楽、そしてたくさんの照明について語ってくれました。

フランスのミュージシャン Philippe Cerboneschi、通称 Philippe Zdar は、伝説的なパリのエレクトロ・デュオ Cassius の片割れです。彼は同時に Beastie Boys、Phoenix、The Rapture、Chromeo といったバンドからMC Solaar、Cat Power、Sebastian Tellier などのアーティストまで手がける、人気レコードプロデューサーでもあります。 若き日の Zdar は偶然レコーディングスタジオで働くことになり、そこから上を目指してサウンドエンジニアとなりました。その成長の過程で、Cassius での相棒となる Hubert Blanc-Francard、またの名を Boom Bass と出会います。 彼らのデビューアルバム『Cassius 1999』は、批評家からもファンからも高い評価を受けました。また、Zdar はそのデビューと時を同じくして、新たに人気を博し始めたエレクトリックサウンドの、もう一つのメジャーな守護神としてパリに登場した Phoenix ともコラボレーションを開始します。 Zdar は自身を評して「音楽の世界でありとあらゆることをやっている普通のフランス人」だと言います。

  • ベージュのソファー、金属製の階段、カラフルな本で溢れる白い本棚のあるリビングルーム
  • 背を向けたグレーのソファー、金属製の階段、大きい窓のあるリビングルーム

ここは、Philippe が家族とともに暮らすパリ8区です。ここで彼の人生について語ってもらい、その暮らしを見つめてみます。 「私にとって機能的な家はとても大切です」と Philippe Zdar は言い、さらに続けます。「しかし実際のところ、最も大切なのは雰囲気です。それは私のスタジオにも言えることで、機能的でなければなりませんが、まず第一にハッピーな気持ちになれなければなりません。私は旅行することが多いのですが、子供もいるし、家が恋しくなることがよくあります。それで、ようやく戻ってきた時には、繭の中にいるような気分になりたいのです。」

「私は照明に凝っていて、ありったけの照明を付けるのが好きです。以前住んでいたアパルトマンでは、外出する時、照明を全部消すだけで10分かかりました。私は、ありとあらゆる場所に照明を置きたがるんですよ」と、彼は笑いながら言います。

仕事で世界中を旅する Zdar は、常に彼の感情に訴えかけてくる古いホテルに泊まるのが好きだそうです。「完璧は求めませんが、その場所に精神が感じられないとだめです。私がよく泊まるホテルがあるのですが、インテリアは好みではないものの、雰囲気が最高で、それが楽しみで行くんです。年月の流れや、そこに泊まる人々の物語を感じることができますからね。」

  • 絵の掛かった白い壁の前に置かれ、ベージュのランプがぶら下がるランプスタンド
  • 大きな鏡の前、金属製の階段の隣に置かれた黒い椅子
  • 木製テーブルと黒い金属製の椅子があるダイニングルーム
  • グレーの背景に黒とオレンジのカウンター、そして3脚のスツールが並ぶキッチン

アパルトマンを案内してもらうと、Zdar が照明と特別な関係を持っていることがよくわかります。Zdar は幼い頃から照明に関心を持っていました。「それは、私が子供の頃、キッチンで始まりました。私は非常に美しい家で育ちました。子供はそんなことに興味がないので、その頃は気づきませんでしたが。やがて成長するにつれて関心の対象も変わり、母のアパルトマンの色遣いや素敵なランプがいろいろあるのに気づいたんです」と Philippe Zdar は振り返ります。「私は18歳でパリに着くと、ランプを買い始めました。まず1つ買いました。すると簡単に部屋を飾れたのです。それから アパルトマンを買い、さらにレコーディングスタジオを買い、どんどんランプが増えていきました。」

「家にいて照明が付いていると、安心するのです。夜になって悲しかったり幸せだったり感じると、照明を調節して、気分に応じた明るさにできます。25もランプがあると、雰囲気が出ますよ」と、Philippe は笑顔で言います。「若い頃からランプ集めをして、金に糸目をつけずに買っているものですから、銀行にはお金がありません。みんなランプにつぎ込んでしまったんです。私は誰よりも早くランプのコレクションを始めましたが、今ではみんながランプを買おうとするので、価格が跳ね上がってしまいました。中には投資のように思われているランプもありますが、私は利益を考えて買うようなことはしません。自分が好きなものを買っています。」

  • 木と金属製のデスクと椅子があり、傍らの床に Beosound 1 が佇むオフィス
  • ダークカラーの木製デスクに置かれた本と多肉植物のクローズアップ
  • デスク、グレーの椅子、Beovision Eclipse テレビのあるオフィス
  • リビングルーム上部の窓からの景観、緑の椅子とバーカート

「Bang & Olufsen は子供の頃から知っています。友人が B&O システムを持っていたのも覚えています。超カッコよくて、夢中になりました」と Philippe Zdar は言い、さらに続けます。「そのうちに会社がなくなってしまうだろうと思いましたが、その後も、そして今でもしっかりと存在していますね。Bang & Olufsen は夢を与えてくれます。そして、私の子供たちにも夢を見させてくれることになると信じています。デザインとサウンドの組み合わせは最高です。私は実際、1981年製の BeoCenter を買ったばかりですが、新発売の頃と変わらず素晴らしいし、時代に取り残された感じが全くありませんね。」