空洞に座る Geoff

Geoff Martin

トーンマイスター

  • サウンド

Bang & Olufsen でトーンマイスターを務める Geoff は、Beoplay 製品のチューニング責任者です。その主な目的は、優れたサウンドデザインを提供することであり、エンジニアの精度とミュージシャンの感性を組み合わせてそれを実現しています。

  • 社内研究施設の防音室に吊るされた Beolab 90
  • 防音室で検査中のカバーを外した Beolab 90

サウンドマスターの経歴

カナダ、ニューファンドランド出身の Geoff Martin は、器楽、録音、音響シミュレーションで博士号を取得し、マギル大学とオタワ大学で電子音響作曲の教鞭をとっていました。オーディオエンジニアリング協会 (AES) および米国電気電子学会 (IEEE) 会員。

完璧なバランスと精度に優れ、本物にしかない Bang & Olufsen Signature Sound を生み出すため、エンジニアやデザイナーと協力しています。自身も熱心なミュージシャンであり、録音エンジニアとしての経験を通じ、レコーディングスタジオのすべてを知り尽くしています。 Bang & Olufsen では、専用リスニングルーム (一般的なリビングルームをシミュレートするために設計された部屋) でサウンドチューニングとリスニングテストを繰り返します。チューニングが終わった製品は、最終製品の使途に合わせて施設内の大小さまざまな部屋や戸外へ持ち出し、実用性を試します。

サウンドに対するこの細心のアプローチは、「現実世界」の観測に基づいて、仕様書の測定値とサウンドデザインを組み合わせたものです。技術的な部分は、ある程度はレシピに従うのと同じですが、製品の最終的なサウンドチューニングはデザインプロセスの成果です。

「私たちは、音楽家や録音エンジニアが意図したものと同じ音をそのままお客様が体験できるように、絶えず技術の限界に挑戦しています。」

Geoff Martin

Bang & Olufsen トーンマイスター

  • 壁からぶら下がる音響試験用マイク
  • 様々なスピーカーの隣に座る Geoff Martin

どの製品であれ、完璧なサウンドづくりは合理性と感情の緻密なバランスを要求しますが、Geoff が指摘するように Beoplay には純粋な音以上のものがあります。 「私が思うに、製品は様々な要素から成り立っています。一つはサウンドの良さ、もう一つは外観の良さ、そして使いやすさです。それらすべてが合わさることで製品の良さが決定されます。 優れたサウンドとデザイン、機能性の組み合わについて言えば、現時点で Bang & Olufsen Beoplay 製品ポートフォリオを超える製品はないと Geoff は言います。

雑誌を読む女性と机上の Beosound 2

Bang & Olufsen について知り、ポッドキャストを聞き、サウンド、デザイン、クラフツマンシップの豊かな伝統に触れる