Bang & Olufsen カートは空です : Cart is empty
Image of Beoplay A9

Bang & Olufsenのアイコニックなプロダクトの再解釈Art of the A9

世界のエキサイティングなアーティストたちが、Bang & Olufsenを象徴するスピーカーをキャンバスに見立て制作した超限定品。

Art of the A9   音楽をキャンバスに

このスペシャル企画のBeoplay A9超限定版は、アート、デザイン、音楽の各分野で活躍する一流のクリエイターたちがSlaattoの不朽の名作を一連のコラボレーションで再解釈したもの。カバーをキャンバスに見立て、彼ら独自のスタイルでカスタマイズされています。

Beoplay A9 Covers  "Art of A9" Ferrari hero

ヒップホップからアートへ

Beoplay A9 のアニバーサリーを記念して、Bang & Olufsen はビニール ライフスタイル ブランド 12on12 とコラボレーションし、現代美術アーティストのフェラーリ シェパードの作品をフィーチャーした一連のカバーを作成しました。

12on12 の戦略的利害関係者であり、Bang & Olufsen の忠実なコレクターである伝説的なグラミー賞受賞プロデューサー、カシーム “スウィズ ビーツ” ディーンは、限定版の A9 スピーカーにフィーチャーされるアーティストの 2021 年のファイン アート ポートレート「My Name is Sarah」を選択しました。

ビニールと手仕上げの作品の詳細については、次の Web サイトをご覧ください。12on12's website

Ferrari Sheppard Artist

Ferrari Sheppard

Ferrari Sheppardは画家であると同時に、作家、写真家、活動家、レコードプロデューサーでもあり、Mos Defとヒップホップデュオ「Dec 99th」を組んでいます。現在はLAを拠点に活動し、抽象画と具象画の境界を曖昧にし、人間の集合意識を深く掘り下げる絵画を制作しています。今回の"Art of A9"では、彼の絵画「My Name Is Sarah」のディテールを取り上げています。これは、ジャズレーベル「12on12」のKaseem 'Swizz Beatz' Deanと共に、レコード盤をキュレーションしたシリーズの一部としてセレクトされた画像で、「アートとジャズの完璧な組み合わせだ」とSwizz Beatzは語っています。

 Beoplay A9 Covers  "Art of A9" Alia hero

建築家兼インテリアデザイナー
Miriam Alía(ミリアム・アリア)

スペインの建築家兼インテリアデザイナー、ミリアム・ アリアは、個性的でアバンギャルドなオブジェやデザインを組み合わせ、幾何学、質感、色彩を巧みに自己の創造空間に取り入れています。1950年代のスタイリング、フューチャリズム、マイアミ・モダン(MiMo)建築、パステルカラー、スパンコール、鏡、紙、ガラス、テキスタイルなどを駆使した独創的な融合が生み出すスタイルが特徴的なアーティストである彼女は、強い影響力を持つ著名な雑誌、AD(アーキテクチュラル・ダイジェスト)誌の「ベスト100 クリエイター」にも選出されました。

韓国拠点のアーティスト
Grafflex(グラフレックス)

グラフレックスは韓国で最も有名なヒップホップレーベルの1つ、Amoeba Culture(アメーバ・カルチャー)でクリエイティブ・ディレクターとして活躍していました。子供時代に受けた差響と心象を、グラフィックと絵画を組み合わせた独自スタイルで描き出し、マスメディアが現代世界に与える影響を作品の中で探求しています。ヒップホップやストリートカルチャーからのインパクトと、漫画やアニメーションから受けたインフルエンスを浮き彫りにした大胆なラインで 見覚えのある物や、ロゴ、キャラクターを独特のアップビートにのせて鮮やかな色で再解釈し、3Dと2Dの混合メディアを駆使して再構築。自身の作品について、「グラフィックアート、ペインティング、スペースアート、アート・トイ」をミックスしたような作品だと表現しています。

  • Artist Grafflex in his studio
  • Product  Beoplay A9 Covers  "Art of A9" Grafflex hero
Beoplay A9 Covers  "Art of A9" Dumet hero

ファッションからアートへ
Johanna Dumet(ヨハンナ・デュメット)

ファッションデザインのバックグラウンドを持ちながら絵画を独学し、ベルリンを活動と生活の拠点とするヨハンナ・デュメットの作品には、絵画の伝統への深い造詣により生み出される大胆な色使いとアイロニカルなユーモアのセンスが息吹いています。Bang & Olufsenの「Art of the A9」プロジェクトでは、儚く繊細な夏の野草花を中心に、デンマークの自然から授かったインスピレーションをキャンバスに描き出しました。この永遠の生命を授かった特別な花束を描きだした作品は、『Forever for You』と名付けられました。"これは、私からBang & Olufsenへのバースデー・プレゼントです。"

Beoplay A9 Covers  "Art of A9" Vanessa Teodoro hero

南アフリカ/ポルトガルのビジュアルアーティスト
ヴァネッサ・テオドロ

ヴァネッサ・テオドロはグラフィックデザインと広告を専門的に学び、広告デザイナーとして活動していました。そうした実務経験が、現在の彼女のストリートアート風の作品につながっています。リスボン在住のテオドロは、2009年からイラストレーションとファインアートの制作に専念するようになりました。ルイ・ヴィトンやジャガーといった国際的なブランドとのコラボレーションも手がけています。

  • Image of Vanessa Teodoro with Beoplay A9 cover
  • Image of Vanessa Teodoro
Image of A9

サウンドに匹敵する美しさ

A9は他のどのスピーカーとも異なり、それが重要な要素となっています。私たちはステレオを隠そうとする時代は終わったと考えています。Beoplay A9 は1つの美しいインテリアとして存在するようにデザインしました。厳選された素材と、一切妥協のない細部までのこだわりを持って作られています。生み出されたのは、どんな空間にもフィットする音響機器のアイコニックなデザイン。文字通り「どんな空間にも」です。A9に搭載されたルームアダプテーション技術は、周囲の環境に応じて音を最適に調整するため、どこに設置してもシグネチャーサウンドを楽しむことができ、1500Wのパワフルなデジタルアンプシステムで再生されます。

アーティスト

Beoplay A9はご自宅用の特別なアートピースのようなもの。ですから、そのビジョンを私たちのお気に入りのアーティストと共有し、彼ら自身の独特のスタイルでA9を再解釈してもらうことは当然の流れでした。

Mimik Banka band

ミミック・バンカ(表情銀行/Mimik Banka)

チャイニーズ インディー・ロック/シンセ・ポップ バンド

北京を拠点とし、以前は16ミニッツとして知られたミミック・バンカは、インディー・ロックをベースにシンセ・ポップ、ドリーム・ポップ、トリップ・ホップをブレンドした実験的な音楽のバンドです。中国、ニュージーランド、ドイツにルーツを持つメンバーで構成され、そのサウンドはインターナショナルな魅力に溢れている。メンバーは、ベーシスト兼プロデューサーのトン・トン(Tong Tong)、シンガーのシンディ(Sindy)、ギタリストのロビン(Robin)。イラストレーターとしても活動しているロビンは、バンドのアートワークも手がけており、今回のArt of the A9コラボレーションのために制作されたデザインは、彼らの4枚目のシングル「Vitamin D」のジャケットがベースになっています。バンド名は中国のカルトアニメから取ったもので、ロビンは、登場人物が感情をお金のように銀行に貯めることができるエピソードにインスピレーションを得たと語っています。

Peng Lei

ペン・レイ(彭磊/Peng Lei)

チャイニーズ・ロックバンドNew Pantsのボーカル兼ギタリスト、監督、アニメーター

ペン・レイは、中国テレビ局の音楽コンテスト「The Big Band」で優勝した北京の新鋭バンド「New Pants」(1996年結成)のリードボーカルです。デビュー以来、そのサウンドはパンキッシュなニューウェーブから、ロックスタイルへと進化してきました。ペン・レイはシンガーソングライターとしてだけでなく、ディレクター、アニメーター、イラストレーターとしても活躍しており、1998年に中国で初めてアニメーションによるミュージックビデオを制作したことでも知られています(『New Pants』)。漫画家の息子である彼は、絵画を学んだ後に音楽の道に進み、北京アニメーションカレッジを卒業し、人気作『Peking Monster』を制作。彼のキャラクターはコミック、アニメーション、絵文字などに登場しており、このたびArt of the A9の限定コラボレーション作品になりました。

Jam Hsiao

ジャム・シャオ(Jam Hsiao/萧敬腾)

ミュージシャン、俳優

ジャムは台湾出身の受賞歴のあるシンガーで、2007年に20歳で台湾のテレビ歌謡コンテスト「One Million Star」の第1シーズンに出演し、歌手としてのキャリアをスタートさせました。これをきっかけにワーナーミュージック台湾とレコーディング契約を結び、翌年リリースした自身の名を冠したデビューアルバムは同国のチャートで1位を獲得。7週連続のチャートインを果たしました。また、俳優としても成功を収めており、2011年に公開された映画『The Killer Who Never Kills』では主役を演じ、香港電影金像奨の最優秀新人賞を受賞しています。2013年にはアルバム『It's All About Love』で、第24回金曲奨の最優秀男性ヴォーカリスト賞を受賞。2020年、「色」と「愛」を通じて人生の追求に対する内なる愛を表現するため、独自の個性的でカラフルな絵画『Spread Love』を制作。今回のArt of the A9コラボレーションは原画Spread Loveを採用し、再び彼のカラフルで自由奔放な内面世界を表現しています。

Art of A9 - MANON CEZARO

多分野で活躍するアーティスト
マノン・ツェザロ(Manon Cezaro)

ツェザロは、Art of the A9のデザインのために新しいテクニックを開発しました。「石膏で作った造形物をスキャンして、そこから新しいイメージを作り出しました。ですから、構成はデジタルですが、最初のフォルムは手作業で制作したものです。今回のように、立体造形から創作したのは初めてです。私にとっては、新しい仕事の仕方の始まりとなります。」 彼女によるA9のデザインは、Alexis Jametのデザインと連動するように作られています。「私たちが普段やっていることの継続であり、同じ絵の上で一緒に仕事をしていなくても、スタイルが一致することが多いんですよ。」

  • Manon Cezaro in her studio
  • plaster model of the art image
Art of A9 - ALEXIS JAMET

パリ出身のグラフィックデザイナー兼アーティスト
アレクシス・ジャメ (Alexis Jamet)

アレクシス・ジャメは、工芸技術とデジタル技術を組み合わせて多様なスタイルを駆使し、ブランドアイデンティティから短編アニメーションまで、あらゆる作品を制作しています。彼が抽象的なデジタルフォルムの素材としてよく使用しているのが、自然界で観察した形状です。また、デジタルエアブラシを多用し、自然界のシャープなラインにぼかしを入れて、より興味深い効果を生み出すとともに具象と抽象の境界を探究しています。「こうすることで、想像と解釈のスペースが広がる」と、彼は説明します。

  • Detail Jamet art of a9 cover
  • Alexis Jamet artist image
Beoplay A9 in Black with the Google Voice Assistant

Beoplay A9

Select a colour
  • Black
  • White
  • Bronze Tone
  • Gold Tone

Black

BEOPLAY A9 を2台使って、素晴らしいステレオサウンドを。ステレオ用のペアリングは Google Home アプリで行います。

¥432,900

Stay In Touch

Bang & Olufsenコミュニティのメンバーになりませんか。

新製品や限定製品、会員様限定イベント、特別セールなどの情報をいち早くお届けいたします。