Form 2i ヘッドフォンを装着したサウンドテストのダミー

Alastair Philip Wiper

インタビュー

  • デザイン

写真家、『The Art of Impossible』の著者:Bang & Olufsen デザインストーリーは、Wiper と重工業の関わり、CERN 大型ハドロン衝突型加速器の撮影、B&O アーカイブでプロトタイプを探した逸話などを紹介します。

  • 生産工場の画像
  • B&O スピーカーのカバーの内側

なぜ写真家に?

ロンドンの南方約50 km あるギルフォードと呼ばれる町で育ち、イギリスの大学で哲学と政治学を勉強した後、海外へ旅に出ました。フランスのスキーリゾートで働いていた時にデンマーク人の彼女ができて、その後を追ってデンマークに渡り、現在に至ります。あれは2004年のことでしたね。数年後にその彼女とは別れましたが、別のデンマーク人女性と付き合い、今では子供から家まで全部揃っていますよ。ここに来た当初はコックでした。でも、グラフィックデザインに興味を持ち、独学した結果、デザイナー兼アーティストの Henrik Vibskov の下で働くことになりました。彼と仕事をした8年のあいだにカメラをいじりだし、いつの間にかカメラマンとグラフィックデザイナーの二足の草鞋を履くことになりました。

産業、科学、建築といった様々な題材の写真を撮影していますね。それらの何が興味を掻き立てるのですか。

舞台裏で一般の人の目につかないことを見るとワクワクする性質で、それができる立場にいることを極めて幸運に思っています。人間が問題に取り組み、途方もない解決策を見出す産業や科学に関連した仕事に特に心惹かれます。例えば、都市全域の給電設備とか、大陸を横断する豚肉の物流システムといった大規模な基盤整備や、生命の謎を解き明かすために宇宙最小の微粒子を分析する巨大機器といったものですね。 建築関連では、一風変わったものを撮っていますが、被写体に対する姿勢は変わりません。私はいわゆる建築写真家ではなくて、世間から忘れかけられている奇抜な建築家たちの作品を探し出すことに興味があります。彼らは既成概念を打ち破り、全く新しい方法でその才能を形にしました。アヴォリアズの Jacques Labro や、ランサローテ島の César Manrique の建築がその好例と言えるでしょう。 数年前から文章も書くようになりました。訪れた場所の雰囲気を写真から感じ取ってもらうため、写真にまつわる興味深い事実を書き添えています。

テレビ画面を運ぶ女性

それらを被写体にするようになったきっかけは?

約5年前、50~60年代に「巨大産業」で活躍した Wolfgang Sievers と Maurice Broomfield に出会いました。当時、彼らが撮影した石油精製所や生産工場は、それらを所有する企業の誇りでした。ところが、今日では反対に忸怩たる思いを抱える企業が増えています。

カバーを外した Beoplay 90 の上部

それらの写真に圧倒されると同時に「これが撮りたい!」と思いました。しばらくは気が狂ったように調査を続け、四方八方に手を尽くしてポートフォリオ作りに励みました。過去数年間で最も時間がかかったのは、それらの施設に入り込むため、適切な担当者を探し出し、彼らを説得することでした。

撮影の仕事は舞い込んでくるものですか、それとも自分から働きかけなくてはなりませんか。

最近は、面白い商業プロジェクトや編集作業に恵まれるようになりました。でも、私的なプロジェクトとして訪れたい場所は、時間をかけて調査しています。場所によっては、いろいろな根回しが必要ですから。時には、責任者が私の意図や相手にとってのメリットを全く理解してくれず、壁にぶち当たることもあります。しかし、経験を通じて私自身もかなり手練れになりました。

スイスの CERN 大型ハドロン衝突型加速器の撮影現場は、交渉にかなり手こずりそうだと危惧していましたが、あっけないほど簡単でした。プロジェクト開始当初、まず一般観光客として CERN へ行くつもりで、とりあえず CERN 広報部へメールを送り、一般公開されていない場所を見せてもらえないだろうかと聞いてみたところ、思いもかけず特別ガイドツアーを手配してくれました。当日午後、私を案内してくれたのは、大型ハドロン衝突型加速器を30年間も研究してきたベテランエンジニアでした。その人とは連絡先を交換し、その後も2回 CERN に訪ねています。前回、CERN の依頼で現地の施設や設備を撮影した時は、まさに夢心地でした。

Beolab 90 の生産風景

お気に入りのプロジェクトは何ですか?

特に思い出深いのは、『Wired Magazine』誌の依頼で韓国に飛び、世界最大級のコンテナ船マースク・トリプル E 級の造船現場を撮影したことです。巨大な部品がクレーンで持ち上げられ、レゴみたいに組み立てられていく様子は圧巻でした。それから、ホーセンスにある世界最大のデンマーク王立屠殺場を題材にしたシリーズもお気に入りです。

整然とした施設の中にピンク色の肉の塊が並んだ光景は、得も言われぬものがありました。ブラックジョーク的なところが気に入っています。食べることが大好きなので、こうした食材の消費に関しては大いに議論する余地があると考えています。事実、このシリーズでは、特大プリントサイズがかなり売れました。誰かがあれを暖炉やベッドの上に飾っていると想像するだけでスリルを感じますね。

それから『The Art of Impossible』を忘れてはなりません。

Alastair Philip Wiper 著『The Art of Impossible』の画像

『The Art of Impossible』執筆のきっかけは?

Bang & Olufsen の思い出は子供時代に遡ります。祖父が B&O テレビを持っていて、子供心に面白い会社があるものだと思いました。デンマークに来てから、目に付く機会が増え、ますます自分好みの会社だと思いました。友人に B&O の重役を紹介してもらい、この本のアイデアを売り込んだところ、こちらが驚くほど興味を持ってくれました。そして本当に作りたかった本を、ほとんど干渉されずに作り上げることができました。

「実在する製品はいろいろな場所で見られるので、あまり掲載していません。私の関心は、普段見られないものにあるからです。」

Alastair Philip Wiper

Bang & Olufsen には、豊かな歴史を物語る数々の名品があります。そのすべてを、これまでにない方法で見せたいと考えました。華々しいマーケティング資料とは違う形でね。Thames & Hudson という出版社も加わったところで、ストルーアの施設調査を開始し、過去の試作品がある地下倉庫や、工場周辺の散策、研究開発施設での製品検査などを見学しました。実在する製品はいろいろな場所で見られるので、あまり掲載していません。私の関心は、普段見られないものにあるからです。それを手に取った人に笑顔をもたらす、見て楽しい本にしたいと思いました。退屈なデザイン本を作るつもりは毛頭ありませんでした。

勤続25年以上の社員の写真を掲示した壁

あなたにとって『The Art of Impossible』プロジェクトのハイライトは何ですか。

ストルーア第4工場内の社員食堂には長さ30mの壁があり、そこには勤続25年を超え「殿堂入り」した社員1,231名の写真が掲示されています。これだけの人たちが、それほど長い期間ここに勤務してきたのだと考えると感慨深いものがあります。この壁が一つのインスピレーションになりました。

  • Beosound Ouverture の断面図 (左)、2世代の B&O 社員 (右上)、『The Art of Impossible』表紙 (右下)